So-net無料ブログ作成
検索選択

ワルキューレ [洋画(わ行)]

ワルキューレ観てきました。

第二次世界大戦時に本当にあった話。独裁者ヒトラーの最後の暗殺計画。
歴史で知られていいる通り、ヒトラーは最後には自殺したので、この作戦は失敗に終わることは最初からわかっているのだけど、裏切り者がいるかも?とか思うと、どきどきしてしまう。

前半は作戦のために人を集めたり、作戦を話し合い、みなが腹を探り合う。ちょっと単調で眠くなる展開。

後半は作戦が決行される、けっこうドキドキして眠気は吹っ飛んだ。
最後の場面には胸が打たれました。

しかし全体的にはちょっと単調で期待していただけに残念かも

Val.jpg

(C)2008METRO-GOLDWYN-MAYERSTUDIOSINC.ALLRIGHTSRESERVED.

評価:★★★☆☆

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(22) 

nice! 0

コメント 2

なぎさ

Vitaさん トラコメありがとうございました!
こちらからのTBが未送信になったのですが、送信できてるかなぁ~。
一応、拙記事ですがHNにもURL貼らせて頂いておきますね!

ド派手な感じは無かったですね。
どちらかと言うと事実に忠実な作りになっていて。
でも私は最近こういうのが好みになってきました。
よく皆さんが「トムはドイツ人に見えない」と言われてますよね。
私にはどういうのがドイツ人なのか、よく分からないのでその部分は違和感なかったです。
欧米人が日本人も中国人も韓国朝鮮人も同じに見えてる感覚・・・ですかね。(笑)
ちょっとした作戦のズレが結局はヒトラー暗殺に至らなかったことが残念でしたね。
にしてもヒトラーの悪運ってある意味スゴイですね~。
by なぎさ (2009-03-22 10:29) 

ジョー

コメントありがとうございます。
ヒトラー側の動きがあまり描かれず、
敵味方、丁々発止のやりとりがないので単調になってしまったのかも
しれませんね。
ちょっと残念です。
by ジョー (2009-03-22 19:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。