So-net無料ブログ作成
検索選択

Disney's クリスマス・キャロル [洋画(か行)]

Disney's クリスマス・キャロル字幕版

<Story>
スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。
甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝う?」と皮肉を言う。
そんなクリスマスイブに帰宅すると、7年前に亡くなった共同経営者の亡霊があらわれ「この世でひどいことをした報いでいま苦しんでいる」と警告していく。
そしてその後3人の精霊が現れ、過去・現在・未来の現実を見せつけられる。
自分の今までのひどい行いを目の当たりにしたスクルージは自分が孤独に死んで行く未来を変えることができるのか・・・・

<感想>
観て良かった。
ストーリーはほんとうに子供だましな内容なのですが、でもいつの間にか引き込まれます。DISNEYならではの映像の美しさも見逃せません。
その結末はとても感動してすっきりしたいい気分になります。

評価:★★★★★

wp_christmas-carol001_1024.jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(46) 

nice! 1

コメント 2

KGR

TBありがとうございます。

吹き替えが嫌で字幕版(2D)を選びましたが、
3D(吹き替え版)の評判がすこぶる良くて、
ちょっと失敗したかな、と思っています。

「最期」は死に際とか末期のことなので、
「最後」にされた方がいいかなと思います。
by KGR (2009-12-07 23:14) 

Naoko

KGRさん
そうですね~ほんとに3Dのほうがすごくいいみたいですね
機会があれば3Dも観たいです。

最期→最後
ご指摘ありがとうございます、変換ミスでした。
by Naoko (2009-12-08 07:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 46

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。