So-net無料ブログ作成
検索選択

第九地区 [洋画(た行)]

第九地区[DISTRICT 9]
新しくできた横浜ブルク13で鑑賞。
ネットで予約して行ったのに、発券機が二つしかなく、しかも1つは故障?でぜんぜんスムーズじゃなかった。もちろん普通に並ぶよりは速いだろうけど、ちょっと不手際?
館内は高級な感じでソファなども多くていい感じ、鑑賞用のシートもプレミアムシートなどはないが、確かに快適。でもポイントシステムもないし、特にまた来よう、という感じでもなかった。

<STORY>
南アフリカの上空にエイリアンの宇宙船が現れる、中には栄養失調で餓死寸前のエイリアンたち。彼らを難民として受け入れ「第9地区」に閉じ込めるが、治安はどんどん悪化していく。
そこで彼らを別の地区に移すプロジェクトが立ち上がる。
責任者に選ばれたディカス。立ち退き書にサインをしてもらうために、彼らの住居を回るうちに、怪しい液体を入手する、その液体を浴びた彼は、嘔吐し、やがて爪が剥がれたり、身体に異変が生じる。

<感想>
最初は気持ちの悪いエイリアンもその暮らしに入り込むうちにだんだん感情移入してしまう。
お金をかけていない映画でキャストも無名の俳優ばかりなのに、ものすごく面白い、引き込まれます。

評価:★★★★★

district9.jpg
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(24) 

nice! 1

コメント 1

シムウナ

TB有難うございました。
世間ではこの映画は高評価で
意表をついた展開に驚きましたが
自分は、エイリアンに敢然と立ち向かう
人類の姿を見るほうが心揺さぶられるので
ちょっと、普通という感じでした。
個人の感性なんですが…
評価が高い理由はなんとなく
分かりましたけど。
by シムウナ (2011-03-06 17:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。