So-net無料ブログ作成
洋画(た行) ブログトップ
前の10件 | -

食べて、祈って、恋をして [洋画(た行)]

食べて、祈って、恋をして[Eat-Pray-Love]

久しぶりに映画館で映画を観た。
先週の旅行では、往復の機内で「ベスト・キッド」「特攻野郎Aチーム」「プリンス・オブ・ペルシャ」「SATC2」などをずっと見ていたのですが、大きなスクリーンは1ヶ月以上ぶりです!
さすがに観に来ていたのはほとんどが女性ばかり、上映前の前後左右から聞こえるおしゃべりに多少うんざり(笑)でも上映が始まると途端にシーン・・・・(笑)

<Story>
ニューヨークでライターとして活躍するリズ(ジュリア・ロバーツ)は、結婚生活に疑問を感じ離婚する。その後すぐに若い俳優を恋人にするものの、友人の夫から「いつも男の色に染まる」と言われ、自分を見つめなおす。
そしてすべてを捨てて旅に出ることを決意する。
まずはイタリアに行き、イタリア語を習い、食べまくるこれが「食べて」。
eat.jpg
そして次にインドに行き、道場に入り、祈りをささげる。どこか真剣になれないリズに、なにかとお説教をするアメリカ人の男性。しかし彼も心に大きな傷を抱えていて、やがてリズも彼に心を開く。これが「祈って」。
Pray.jpg
最後にバリに行く、以前に「全財産を失うが、また取り戻しそしてまたここに戻ってくる」と予言した薬療士の老人のもとに行く。バリで出会ったシングルマザーの家で「バリではみんな恋をする」と言われ・・・これが「恋をして」。
Love.jpg

<感想>
イタリア・インド・バリに旅をした気分になります。
まわりにいる人たちの一言一言が格言のようです。
それぞれの場所の風景はとてもキレイです。

ただ、この時間内に3つの要素を詰め込み過ぎた気がします。

評価:★★★☆☆



トイ・ストーリー3 3D 字幕版 [洋画(た行)]

トイ・ストーリー3

なんでおもちゃに感情移入してしまうんでしょうか???

<Story>
カウボーイの人形ウッディやバズの持ち主のアンディはもうすぐ大学生、大学に行くために家を出る荷づくりをしていた。
一番の親友ウッディだけは引っ越し先まで持って行き、ほかのおもちゃたちは屋根裏にしまうはずだったのだが、手違いでごみに出されてしまう、しかし危機一髪で収集を逃れたものの、今度は保育園へ寄付する箱の中に全員で入ってしまう。
保育園のみんなと遊べる!そう喜んだのもつかの間、そこはおもちゃを放り投げ、ずたずたに壊す大変な園児たちの教室だった・・・・

<感想>
もちろん笑える箇所もたくさんあって楽しいし、立体的な映像も奥行きがあってキレイでさすがPIXERです。しかし、要所要所にはじわ~~んと涙が出そうになります。

おもちゃたちが次々に手をつなぐところに一番感動してしまいました。

おもちゃの中にトトロのぬいぐるみが出ていました、宮崎駿すごいっ!

<評価>
★★★★★

wp_toystory3.jpg

第九地区 [洋画(た行)]

第九地区[DISTRICT 9]
新しくできた横浜ブルク13で鑑賞。
ネットで予約して行ったのに、発券機が二つしかなく、しかも1つは故障?でぜんぜんスムーズじゃなかった。もちろん普通に並ぶよりは速いだろうけど、ちょっと不手際?
館内は高級な感じでソファなども多くていい感じ、鑑賞用のシートもプレミアムシートなどはないが、確かに快適。でもポイントシステムもないし、特にまた来よう、という感じでもなかった。

<STORY>
南アフリカの上空にエイリアンの宇宙船が現れる、中には栄養失調で餓死寸前のエイリアンたち。彼らを難民として受け入れ「第9地区」に閉じ込めるが、治安はどんどん悪化していく。
そこで彼らを別の地区に移すプロジェクトが立ち上がる。
責任者に選ばれたディカス。立ち退き書にサインをしてもらうために、彼らの住居を回るうちに、怪しい液体を入手する、その液体を浴びた彼は、嘔吐し、やがて爪が剥がれたり、身体に異変が生じる。

<感想>
最初は気持ちの悪いエイリアンもその暮らしに入り込むうちにだんだん感情移入してしまう。
お金をかけていない映画でキャストも無名の俳優ばかりなのに、ものすごく面白い、引き込まれます。

評価:★★★★★

district9.jpg

トイ・ストーリー トイ・ストーリー2 3D 吹替 [洋画(た行)]

トイ・ストーリー/トイ・ストーリー2 3D同時上映

wp_toystory012_800.jpg

期間限定公開、1本のお値段で2本観れてしかも3Dってことで観に行ったのですが、すっごい空いてました。なんでだろう??

3Dはいまいち飛びださなかったのが、後から3Dにしたからなのか???

アバターの3Dを観ちゃうと、ちょっと3D的にはいまいちでした。
ストーリーはPIXERということで面白かったですが、とくに3Dじゃなくてよかったかんじです。
でも1本分の価格で2本観れたし空いてたのでよしとします。

<評価>★★★☆☆

Dr.パルナサスの鏡 [洋画(た行)]

Dr.パルナサスの鏡[The Imaginarium of Doctor Parnassus]

ヒース・レジャーの遺作、ということで観に行きました。
3週目だけど、満席。

テリー・ギリアム監督の作品は癖があるとは思っていたけど、やっぱりクセだらけ(笑)

<Story>
鏡の中に入ると、本当の願望を映し出すと言われる不思議な鏡。それを使って興行しているパルナサス博士一行。ある日トニーという青年が橋で首を吊っているところを助け、一緒に旅をする。
博士は1000歳、不死の秘密は悪魔とかわした契約、その契約とは娘が16歳になったら悪魔に差しだすというものだった。

<感想>
話がわかりにくく、睡魔に襲われること3回。
ヒースレジャーが撮影中に急死したため、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、コリン・ファレルが鏡の中に入ったヒースの代役、4人もいるけれど、それぞれ違う人格の設定なので、違和感はなかった。
話がもう少しわかりやすかったら、おもしろかったと思う。

<評価>
★★★☆☆

Paruna.jpg

This is it [洋画(た行)]

This is it

やっと観ることができました。マイケルのダンスと歌はリハーサルとは思えない素晴らしいもので、鳥肌が立ちます。リハーサルでこの迫力、本番の公演が行われていたとしたらとてつもなく素晴らしいものになっていたのでしょう。

終わった後、満員の客席から拍手が湧き起こりました。

正直、死んだ時は最近そんなに出てきてなかったし、奇行もあったし、あの素晴らしい音楽は永遠に残るし、くらいにしか思っていませんでした。

でも、この映画を観て失ったものは大きすぎると思いました。

彼と一緒に仕事をしていたSTAFFはみんな彼のことが大好きで、彼もSTAFFすべてを愛していたことがよくわかります。そして音楽を、ダンスを愛していることがわかります。彼こそKING OF POPと呼ぶにふさわしいです。

2時間の上映時間、長いのかなと思っていましたが、あっという間です、もっともっと彼の歌やダンスを観ていたかったです。

評価:★★★★★

mj_thisisit_wp_800.jpg

ダークナイト IMAX版 [洋画(た行)]

遅い夏休み最終日、IMAXを一度体験したくて、川崎へ。

ダークナイト
3Dではありませんが、映像がものすごーーーくクリアで、臨場感がすごいです、360度カメラが回ると乗り物酔いのようなかんじになります。
迫力が違います。

ダークナイト自体は去年ロードショーで観ていたので、新しい感想というのはありませんが、でも1年以上たつとけっこうストーリーも忘れているものですね~
あれ~?最後ってこんなだったっけ?という感じでした。
それにしても、ヒース・レジャー、惜しい人を亡くしました。映画では彼の演じるジョーカーはまだ生きているはずなので、次回作に期待したかったところです。
DarkKnight.jpg

臨場感のせいか、2時間半の長い上映時間、一度も眠くなることもなく、スクリーンにくぎ付けになりました。

評価:IMAXなので文句なしの★★★★★★

トランスポーター3 [洋画(た行)]

トランスポーター3 アンリミテッド[Transporter3]

Jason Statham好きな私、待ちに待っていたので、初日のレイトショーで観てきました。

Story
運び屋のフランクは、ある依頼を断り、仲間に仕事を回した。その仲間が車ごとフランクの家に突っ込んでくる。瀕死の仲間を救急車に乗せたあと、後部座席に謎の女性を見つける。「車から離れたら死ぬ」その言葉で、救急車を止めようとするが、救急車ごと爆発してしまう。直後何者かに襲われたフランク、目を覚ますと手首に爆弾のブレスレットが装着されていて、20m以上車から離れると爆発すると言われ、しぶしぶ仕事を引き受ける。
助手席にはあの謎の女、しかしその女もブレスレットを装着していた。
途中、ブレスレットを外そうと仲間の元を訪れるが、依頼人の刺客に襲われる、何十人もの相手を次々と倒すフランクを目の当たりにした赤毛の謎の女はいつしかフランクに心を開いていくのであった。

感想
ん~~~!しびれます。
今回は片輪走行だの、敵のベンツを猛スピードで崖から押し落としたり、列車に車ごと乗ったり、ダムに飛び込んだり。自転車で奪われた車を追いかけるシーンもあり、まあ、ありえないっちゃありえないんだけど、映画ですから(笑)
元軍人の圧倒的に強い格闘シーン!腹筋が6つに割れてます~~~

あー、、もう一度観たい!

評価:★★★★★ 文句なし!

TR3.jpg

トランスフォーマー/リベンジ [洋画(た行)]

トランスフォーマー/リベンジ[TransFormer Revenge]

story
オートポッドとディセプティコンの戦いから2年後、サムは大学に進むことになり、一緒に暮らしていたオートポッドのバンブルビーとも別れることになった。
しかし、そのことを伝えるとビーは涙を流しておいおい泣いてしまう。
ガールフレンドのミカエラとも離れ楽しい大学生活が始まるはずだったのだが。
一方政府はオートポッドと軍隊が協力し、残っているデセプティコンを倒していた。
大学生活を送るサムに突然異変が起こる、頭の中で宇宙の言葉が繰り返され、奇妙な行動を取りはじめる、それは再びあの戦争が始まる前兆だった。

Trans.jpg

感想・ネタバレあり


ターミネーター4 [洋画(た行)]

ターミネーター4[TERMINATOR-SALVATION]

さすがに混んでいました。
johnconnor.jpg

Story
序章は2003年、ある刑務所で死刑が執行される、死刑の直前死刑囚は「検体同意書にサインさせられる。
そして時代はいよいよ2018年、機械の時代。ジョン・コナーたち抵抗軍はスカイネットの機械と闘っていた。
そこにあらわれたのが自分は人間だと信じているマーカス・ライト。彼は心臓と血は人間だがあとは機械でできていた。
抵抗軍はマーカスをスカイネットの機械だと思うが、彼に助けられたブレアは彼を信じ逃がそうとする。
スカイネットは次々と新しい兵器を生み出し、隠れている人間を探索し、収容する。その中にはジョン・コナーの父親であるカイル・リースも含まれているのだった。

marcuswright.jpg

前3作とは舞台も違うしまったく別の映画と言ってもいいかもしれない。展開は速くてスピード感があり目が離せない。マーカスの強靭でいて、心は人間!というところがT2のシュワちゃんを彷彿とさせます。

評価:★★★★☆
前の10件 | - 洋画(た行) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。