So-net無料ブログ作成
洋画(ま行) ブログトップ

ミッション:8ミニッツ [洋画(ま行)]

ミッション:8ミニッツ
[SOURCE CODE]

本当に久しぶりの映画館での映画です。
最近スカパーも映画よりも海外ドラマにはまりまり、朝から晩まで(家にいる間は)ほとんどHDに録画した海外ドラマを見ています。

そして久しぶりに見たのはあまり期待もせずに見たこの映画。

<SRTORY>
シカゴで乗客全員が死亡する列車爆発テロが起き死亡した乗客の事件前の8分間にスティーブンス大尉(ジェイク・ギレンホール)がミッションとして乗り込む、なんとか犯人を探り当てるまで何度でも「8分間」に繰り返し入り込む。
それはタイムマシンではないので過去を変えることはできない、しかしなんとか乗客全員を助けたいと思う大尉は、作戦本部のグッドウィン大尉に自分の決意を伝える。

<感想>
ぜんぜん期待もせずに見たにもかかわらず、最初わけのわからない展開に思わず釘づけ。
スピード感もあるし、ストーリーも今までにない発想でとても面白かった。

評価:★★★★★

20110819102528.jpg

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと [洋画(ま行)]

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

DVDで見ました。

公開当時に観に行くかどうか迷ったのですが、原作を読んでしまったので、結末を知ってしまい、哀しくて観れなくなってしまいました。

主人がDVDを借りてきてしまった(笑)ので見てしまいました。

<STORY>
結婚したジョンは、奥さんのジェニーの誕生日プレゼントに仔犬を贈る、兄弟の中でも安く売られていた「セールワンコ」のマーリー。(ラブラドール・レトリーバー)
しかしこのセールわんこがとんでもないおバカで、一家はいつもとんでもない騒動に巻き込まれてしまうのであった。やがて3人の子供が生まれ、にぎやかになった家族、マーリーもだんだんに老いて行く。

<感想>
最初のマーリーのはちゃめちゃっぷりはとにかく笑えます。
しかし老犬になり哀愁漂うマーリーが晩年の我が家のアル吉と重なり、だんだんうるうるしてきます。
できの悪い犬ほどかわいいっていうのは、アル吉がそうだったのでとってもよくわかるし、犬は「家族」というメッセージがはっきりわかります。

Ma.jpg

評価:★★★★☆
洋画(ま行) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。